2006年05月16日

おめでとう巻誠一郎選手

毎日新聞記事から一部抜粋。
【プロでの3年間、顔面や手足に長期離脱も仕方がないけがを負うことは何度もあったが、チーム関係者は「欠場せず、試合に出続ける精神力と体力がすごい。応援したくなる選手」と口をそろえる。代表の三都主アレサンドロ選手(浦和)は「彼は練習でも試合でも頑張っていた。負けたくないという気持ちが、ほかの誰よりも強かったと思う」と評価。坪井慶介選手(同)も「巻が努力を惜しまなかったことをジーコ監督は、ちゃんと見ていた。巻と一緒に戦ってきた人にとっては、そんなにサプライズ(の選考)じゃない」と話し、巻選手が同僚に加わったことを歓迎していた】

巻選手の出身校である大津高校といえば、九州・熊本にあるサッカー強豪校。発表の瞬間の、在校生や恩師と思われる先生方の喜び様も選出の意外性を感じさせた。久保選手の無念さはいかばかりか…とは思うけれど、巻選手本人も言っていた通り、落選した選手の分までも是が非とも頑張って欲しい。

ついでにスポニチ記事からベストショット。
ファンの子供たちから祝福の花束を贈られ笑顔を見せる巻
表情も自然でやわらか。眺めていて実にほほえましい。

がんばれ巻!期待してるぜ日本代表!
posted by 角砂糖 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

愛の告白大会〜和央・花總コンビよ永遠に〜

まずは参考まで、宙組トップコンビ退団公演(大劇場)千秋楽記事。
宙組トップスター、和央ようか 大劇場にサヨナラ
和央ようか さよなら宝塚“最高の伴侶”花總まりと共に
宙組の黄金コンビ・和央&花總が「最後の花道」

CS放送ヅカ専門chタカラヅカスカイステージのニュースで、
宙組大劇場公演千秋楽&さよならショー&挨拶&会見をダイジェストで見た。

…涙。
何故かこっちまで感無量。
タカハナコンビのあまりのラブラブっぷりにあてられヒックリ返りつつ、また涙。

まず花總さんが袴姿で大階段降りてくる姿に「まじで退団するんだ…」と今更ながらショックめいた感情を抱いた。あれだけのキャリアを持ちながら、サヨナラショーではソロ一曲というのにも正直驚いたけど…きっとあれは花總さん自身が望んだ事なんだろうと、自然に思えた。個人的に、かなり嬉しかったのはミレチャとカスミラの再現。本気で嬉し泣きした。

まあ、何より驚いたというか「最後までやってくれる!」と思ったのは、タカハナ退団挨拶の言葉。心境的には、

まさか…まさか…まさか?………
キタ━━━━━━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

という感じ。分りにくくてどうも。
とにかく…やっぱりあの二人はタダの絆じゃ結ばれてなかった。
深い深い絆で結ばれてたんだと、確信させてくれた。

そんな黄金コンビと同時代を生きれて嬉しい。
公演観に行けなくたって、素直にそう思える。
願わくは、東京公演を無事に幸せに終えられる事を。

オイラだって愛してるよ!!タカコさーーーーーん
posted by 角砂糖 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。