2006年08月16日

熊工は熊工らしく

別に母校という訳ではないけれど、10年前の死闘(準V)以来ずっと熊工ファンなので
今日の逆転負けは悔しかった。正直、かなり悔しい。
・・・けれど、今は熊工ナイン(+林監督の采配)の、伝統校の名に相応しい戦いっぷりを讃えるのみだ。熊工は熊工らしく戦ってくれたと思う。

熊工野球部が好きだ。
試合に臨む熊工ナインの、古豪の名に相応しい雰囲気が好きだ。
自然に身についたであろう伝統校のプライドと自信、
何より内なる闘志が冷静な表情からも確かに伝わってくる。
甲子園でその姿を目にする度、ファン度が増す思いだ。

来年、再び帰って来て欲しい。
応援してます!
posted by 角砂糖 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。