2006年07月02日

行かないで・・・涙で前が見えません(宝塚)

今これを書いてる瞬間、和央さんは記者会見中かもしれない。

あろう事かスカステ生中継をさよならショーが終わる時間まで見逃すという失態を犯し一時呆然自失だったものの、それも束の間。もはや何回緞帳が上下したか分らない程の怒涛のカーテンコールが静まるまで、泣きに泣きまくった。

大階段に立つタカコさんを目にした瞬間突如始まった嗚咽に、自分でも驚いた。意識しなくとも次から次に流れる涙に、こんなに好きだったんだなあ……と妙に実感。カーテンコールで姿を目にする度、ほぼ無意識に心の中で”行かないで…行かないで…”と繰り返していた気がする。いっそ、黒燕尾服の裾にすがり付きたい気分だった。初めての感情に戸惑いつつ、これだけ彼女が自分の中で大きな存在だった事に気付かされ…寂しさで胸が潰れそうになった。本当に、寂しくて恋しくてたまらない。

大好きだった。きっとこれからも。
和央ようかという一人の人間を、一生忘れる事はないだろう。
願わくば、彼女のこれからが今まで以上に幸福である事を…

さよならは言わない。たかこさん、そしてタカハナコンビよ、永遠なれ!!
posted by 角砂糖 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。