2006年02月05日

ラヂオの時間で”吉良吉影”と運命の出会い

先日地上波で放映された『ラヂオの時間』が面白かった。
皆さんさすがの演技達者で、テンポ良く、観ていて安心感もあり。
(放映当日は当然の様に『ナウシカ』観たけど)

いやそんな事より、映画の中で番組ナレーションの役をしていたあの人。
ええと、保坂卓役の並樹史朗さん。

やばい。ズキュンときたよ〜

オトナな映画にもお出になってる様ですが…そんな事はどうでもいい、
『ラヂオの時間』の、あのナレーション役がいい

なにが良いって、”吉良吉影”を彷彿させるところが。※

私だけか?
いいや、そんなことはないはず…
キラヨシカゲに関心のある人間なら、絶対奴の”匂い”を感じるハズだ!

上品な佇まい、ストイックな雰囲気の中にも…やはり隠し切る事が出来なかったか、
滲み出る仄かな色気(オトナな映画のオファーが来るのも納得)。
何かを企んでいるかの様な、全てお見通しとでもいう様な、含みのあるあの眼差し。

実写で吉良やらせるとしたら間違いなく、彼だ。
想像するだけでゾクゾクするぜッ。

※吉良吉影…かの有名なジャンプ漫画【ジョジョの奇妙な冒険】第四部登場人物
(興味があれば、あとはググってみて下さい。言っておきますが、一癖もニ癖も三癖もある変人です)

ジョジョ繋がりで余談。
チェ・ジウ&竹野内豊主演ドラマ『輪舞曲』に出てくるボストンテリア犬の名前は、
ジャスティスなんかじゃなく、イギーだと信じている。
少なくとも、イギーと思って観ている。そんな痛いジョジョラーがここにも一人。
posted by 角砂糖 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12823612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。